工場の仕事に転職しよう!3ステップであなたの工場転職は大丈夫!

サイトへお越し頂きありがとうございます。

このサイトは、これから工場の仕事へ転職を考えているあなたを応援する「工場転職応援サイト」です。

工場の仕事へ転職を考えている人の中で、次のような悩みを抱えながら転職に踏み切れない人はいないでしょうか?

  • 工場の仕事に興味はあるけど、どんな仕事があるの?
  • 未経験でも工場の仕事で働けるの?
  • 工場の仕事は大変そうだけど、本当のところはどうなの?
  • 工場の仕事は儲かるの?

私、管理人マコトも、営業の仕事から全くの未経験で工場の仕事へ転職を果たし、現在は工場に勤めて8年目に突入しています。

現在は営業時代に苦しんでいた「職場の人間関係」や「サービス残業の日々」の苦しみから解放され、ほぼ定時に帰宅した後は、自分の趣味を楽しみながら楽しい日々を過ごしています。(詳しくはプロフィール参照

1日のうち、起きている時間の半分近くを過ごすことになる仕事の時間

その仕事の時間を、少しでもより良いものにするために転職することになりますが、工場へ転職することで望んでいた環境を手に入れる人がいる一方、自分が思っていたような転職ができない人もいます。

そのため、このページでは、工場への転職を成功させるための3ステップを紹介します。

  1. 工場の仕事について知る
  2. 工場の求人を探す
  3. 履歴書・面接対策をする
管理人マコト
管理人マコト
工場転職を成功させるためには、3つのステップを理解することが大切です!

この3つのステップに沿って転職活動を行うことで、あなたが納得のいく工場転職を実現することができますので、最後までお付き合い下さい。

STEP1:工場の仕事について知る

工場の仕事へ自分が納得できる転職をするために、まずは工場の仕事について知ることが大切です。

工場の仕事にはどんな仕事があるの?

工場の仕事は「ものづくり」の仕事になります。

工場の仕事にあたる「製造業」は、一昔前に比べて労働人口が減少したものの、依然として国内の中心産業になっています。

「経済産業省  製造基盤白書(ものづくり白書)」より

工場の仕事を大きく分けると、次のようなものがあります。

「工場求人ナビHP」より

普段私たちが口にする食品や飲料の製造から、毎日使うスマホのような精密機械の製造まで、私たちの生活になくてはならない物を、日々製造していることが分かります。

また、工場の仕事内容を具体的に見ていくと、次のようなものがあります。

工場の仕事内容
  • 組立・組付け
  • 仕分け・梱包・ピッキング
  • 検品・検査・調整
  • バリ取り・研磨
  • マシンオペレーター
  • プレス・板金・塗装
  • 部品供給・充填・運搬
  • 鋳造・鍛造
  • 清掃・洗浄
  • 生産管理・生産事務・工程管理
  • 品質管理・品質保証
  • 試験・実験・評価
  • 金型設計
  • メンテナンス・保守・保全
  • フォークリフト
  • 溶接
  • ハンダ付け
  • 玉掛け
  • クレーン
  • NC旋盤
  • ドライバー・ドライバー補助
  • 加工
  • 食品加工
  • 修理
  • 生産技術
  • 製造技術
  • 工場内事務
  • その他軽作業・物流・配送 

工場の仕事と聞くと、多くの方がイメージする組み立てや組み付けの仕事から、フォークリフトや玉掛けのような資格を必要とする仕事まで、様々な仕事があります。

工場の仕事内容を見てもらうと分かるように「工場の仕事」と一言でいっても、様々な仕事があることが分かります。

そのため、工場の仕事へ転職する時は、自分が転職に求めるものと工場の仕事内容をしっかりと一致させることが大切になります。

そのことができれば、数多くある工場の仕事の中から自分に合った工場の仕事を見つけることができ、自分が納得する転職にすることができます。

工場ではどんな人が働いているの?

工場の仕事には様々なものがありましたが、工場で働いている人にも様々な人がいます。

工場で働く人の年齢層は?

工場の仕事というと、若い人だけでなく、高齢の人まで幅広い年齢層の人が働いているイメージがありますが、どのような年齢層の人が工場で働いているのでしょうか?

下のグラフは、工場で実際に働いている人の年齢層を表したものになります。

「政府統計の総合窓口 年齢階級,産業別就業者数 2017.9」より作成

20代中頃から60歳未満の年齢層の人が、それぞれバランスよく10%前後の割合を占めています。

このグラフからも分かるように、工場の仕事は若い人はもちろん、高齢になっても続けられる仕事であることが分かります。

工場の職場は、イメージ通り若者から高齢の人まで幅広い年齢層の人が働いている職場となります。

工場で働く人の男女比は?

幅広い年齢層の人が働いている工場の職場ですが、工場で働く男女比は男性が7割を占めています。

「政府統計の総合窓口 年齢階級,産業別就業者数 2017.9」より作成

男性が中心の職場ということで、工場の仕事を「きつい」「汚い」「危険」の3Kをイメージする人もいます。

しかし、工場の仕事は仕事の始めやすからアルバイトやパート労働者の人も多く、たくさんの女性も活躍しています。

工場での女性就業者を年代別に見てみると、10代〜30代までの若い年代が約30%を占めています。

「政府統計の総合窓口 年齢階級,産業別就業者数 2017.9」より作成

工場では休みのとりやすさシフトの融通がききやすいなど、子育て中のママや主婦の方も働きやすい就業場所となっています。

もちろん、アルバイトだけでなく、正社員として工場で働いている女性の方も多くいます。

一方、60代以上の年代も約20%を占め、高齢になった女性も続けられる仕事となっています。

このように、工場の仕事は男性の割合が高いものの、女性も働きやすい職場となっており、男女共に年齢を気にすることなく、長期間働き続けやすい仕事となっています。

工場の仕事のメリット

工場の仕事には様々な種類の仕事があり、性別や年齢に関わらず働きやすい仕事であることを見てきました。

この他にも、工場で働くことによるメリットには、次のようなものがあります。

収入アップが可能

工場の仕事には、高収入の求人が多くあります。

契約社員のように期間を決めて働く「期間工」として工場の仕事に転職することで、短期間で高収入をあげることも可能です。また、正社員として安定した環境で働きたい人にも、高収入の求人が数多くあります。

お祝い金もあり

工場の仕事に転職することで、年収アップを実現できるメリットがあります。

福利厚生が充実

工場の仕事は寮の完備など、福利厚生が充実した求人が多くあります。

会社が用意してくれた寮に住み込みで働けば、家賃や水道光熱費が全くかからずに働くこことできます。

また、食堂が完備されている寮では無料、または安い金額で食事をすることもでき、食費も抑えることができます。

その他にも、生活に必要な家電が一式用意されている寮や引っ越し費用を全額会社が負担してくれるケースなど、福利厚生が充実した求人が多いメリットがあります。

管理人マコト
管理人マコト
寮費や食堂での食事代、引っ越し費用などを、会社がどれくらい負担してくれるのか転職前にしっかり確認しておくことが大切です

コミュニケーションに不安があっても働ける

工場の仕事には、流れ作業による組み立てや加工作業があります。

作業中は流れてくる物にだけ意識を集中して仕事をするため、基本的には黙々と目の前の仕事に取り組むことになります。

そのため、周囲の人と無理に会話をする必要もなく、職場でのコミュニケーションが苦手な人も働きやすい仕事になります。

仕事のオン・オフが切り替えやすい

工場の仕事は、工場が稼働している時間が勤務時間になります。

そのため、工場の稼働が止まれば自動的に仕事も終わることになり、工場以外の仕事のように「自分だけ残業して働く」ということがありません。

また、24時間稼働している工場はシフト制の勤務となるため、引き継ぎが終われば基本的に残業をする必要はありません。

このように、工場の仕事は仕事とプライベートの切り替えがしやすいメリットがあります。

未経験からでも始めやすい

工場の仕事の多くは、基本的に同じ作業の繰り返しになります。

そのため、全くの未経験からでも仕事が始めやすく、最初に仕事を覚えてしまえば、その後は大きな負担もなく働き続けられるメリットがあります。

工場の仕事のデメリット

様々なメリットがある工場の仕事ですが、メリットだけではなく、デメリットがあることも確認しくことが大切です。

仕事に慣れるまで大変

どんな仕事にも言えることですが、工場の仕事も慣れるまで苦労する人が多くいます。

工場の仕事には、立ち仕事や重い物を運ぶような体力が必要な仕事もあります。

交代勤務がある工場では夜勤もあり、仕事に慣れるまでには体力的にきつく感じることがあります。

人によっては仕事に飽きる、耐えられない

メリットのところでも紹介しましたが、工場の仕事の多くは、同じことの繰り返しになります。

慣れた仕事に取り組むことで、不安なく仕事に取り組めるメリットがありますが、同じ事の繰り返しや単純作業が苦手な人は工場の仕事に魅力を感じず、むしろ苦痛に感じることがあります。

繁忙期には休日出勤、残業がある

普段は定時に帰れることが多い工場の仕事も、工場が製造している商品に季節変動がある場合には、繁忙期に休日出勤や残業が多くなることがあります。

期日までの生産目標達成など、目標を達成するために残業が深夜に及ぶこともあります。

深夜手当による残業代の支給など、経済的なメリットはあるものの、体力的にきつく感じることがあります。

危険を伴う業務もある

工場の仕事には、仕事中に様々な工具を使用することや大型機械を操作することもあります。

手順を守り使用すれば問題ありませんが、工具の使い方や機械の操作ミスによっては、仕事中に大きな怪我につながる危険もあります。

STEP2:工場の求人を探す

工場の求人を探す方法

工場の求人を探す方法は、大きく分けて次の4つになります。

  1. ハローワーク
  2. 縁故・紹介
  3. 自己応募
  4. 転職サイト

2番目の縁故・紹介は仕事を紹介してもらったお礼として、紹介者に何かをあげる可能性はありますが、4つの転職方法はどれも無料で利用できます。

どの転職方法でもあなたに全くリスクはないため、自分に合った転職方法で仕事を探すようにして下さい。

下の表は、4つの転職方法の主なメリットとデメリットをまとめたものになります。

ハローワーク

転職方法として多くの人が利用するハローワークですが、求人数が多い一方、企業は無料で求人募集を出来ることから、求人の中には短期間で人が入れ替わるようなブラック企業の求人も存在します。

ハローワークの求人は、インターネットの「ハローワークインターネットサービス」から探すことができます。

ハローワークインターネットサービス

ただし、求人に応募する時は、最寄りのハローワークへ行き紹介状をもらう必要があるので注意して下さい。

「厚生労働省 大阪労働局HP」より

全国にあるハローワークは、こちらから探して下さい。

全国ハローワーク所在案内

縁故・紹介

縁故・紹介は、周りにそのような人がいれば利用したい転職方法になりますが、そもそも繋がりのある人や紹介者が周りにいない場合がほとんどです。

紹介された会社が合わなかった時は、紹介者との関係から辞めづらいデメリットもありますが、あなたに声がかかるということは「あなたが信用されている証」でもあります。

実際に転職するかどうかはともかく、求人を紹介された時は積極的に利用してみましょう。

自己応募

自己応募は、自分が気になる企業のHPなどをチェックして、求人募集が出ている時は直接企業へ応募する方法になります。

現在はあまり行われていませんが、会社の建物入り口などに求人募集の張り紙がある場合もあります。

地元に行きたい企業がある人は、こまめにチェックしておくことをオススメします。

求人募集を自社のHPだけに掲載している企業や、会社の入り口にだけ求人募集を張り出ししている場合は応募者も限られるため、ライバルの少ない狙い目の求人になります。

気になる企業がある人は、企業のHPなどをこまめにチェックしておきましょう。

転職サイト

転職サイトのメリットは、何といってもその気軽さにあります。

転職活動を始めようと思ったその瞬間、サイトを開けば求人探しから企業の応募までを、一気に進めることができます。

また、ハローワークのように出かける必要もなく、自分のペースで転職活動を進められることも、大きな魅力の1つになります。

ハローワークに比べて求人数は少なくなりますが、次のような人には転職サイトの利用をおすすめします。

  • 今すぐ転職活動を始めたい人
  • 世の中にどんな工場の求人があるのか、まずはチェックしたい人
  • 自分のペースで、じっくり工場の求人を探したい人

様々な転職サイトがありますが、転職サイトの中でも工場の求人に特化した転職サイトを利用することをおすすめします。

一般の転職サイトと工場求人に特化した転職サイトとの一番の違いは「求人数の多さ」にあります。

下のグラフは、一般の転職サイトと工場求人に特化した転職サイトの工場求人数を比較したものになりますが、工場求人に特化した転職サイトの求人数が圧倒的に多いことが分かります。

※2018.3.7時点

工場求人に特化した転職サイトの中でも、工場ワークスは求人数が圧倒的に多くなっています。

管理人マコト
管理人マコト
実際に私も工場ワークスを利用して、スマートフォンの組み立て工場へ転職しました。

求人数の多さだけでなく、サイトの見やすさや1分で出来る簡単な応募方法など、とても使いやすい転職サイトでした。

工場ワークスは他の転職サイトによくあるような会員登録の必要がなくいい求人を見つけた後はすぐに応募することができます。

求人への応募も、名前や住所など簡単なプロフィールの登録で出来るので、1分もあれば応募することができます。

求人へ応募する時の入力内容はこれだけ♪

工場の求人に特化した転職サイトを利用することで、あなたが希望する工場求人に出会える可能性を高めることができます。

公式サイト:工場ワークスで求人を探す

STEP3:履歴書・面接対策をする

転職サイトを利用して求人を見つけるだけでは、工場の仕事に転職することはできません。

求人を見つけて応募した後は、履歴書の作成と面接対策をする必要があります。

この2つによって希望の工場で働けるかどうかが決まるので、しっかりと対策をしていく必要があります。

履歴書を作成する時の注意点

履歴書を作成する時は、丁寧な字で書くことや誤字、脱字がないように気をつけることが大切です。

「たかが誤字脱字」と思う人もいますが、面接官に行ったアンケートでは、面接官の73%「誤字脱字が選考結果に影響を与える」と回答しています。

履歴書の”誤字脱字”は選考結果に影響を与えますか?

WORKPORT 採用担当者のホンネ調査 より

「たかが誤字脱字」と見逃せるような数字ではないですね。

誤字・脱字は、字を丁寧に書き、見直すことで防げるミスです。

履歴書を作成する時は、この73%という数字を頭に思い浮かべながら、履歴書を作成するようにしましょう。

面接対策の注意点

転職活動の中でも、多くの人が苦手にしている面接ですが、考え方によっては面接をうまく乗り越えることで、転職の成功をグッと引き寄せることができます。

面接の流れを大まかにまとめると、次のようになります。

1.入室、挨拶 → 2.自己紹介 → 3.転職理由 → 4.志望動機 → 5.逆質問

細かい点は面接によって異なりますが、赤字で記した「転職理由」と「志望動機」は面接の中でも特に重要視されますので、十分な対策が必要です。

面接を苦手にしている人の多くが、面接を「受けている」という意識があります。

緊張MAXの転職者
緊張MAXの転職者
「面接で予想していない質問をされたらどうしよう?」

「練習で覚えた通りに言えなかったらどうしよう?」

このような気持ちから、面接本番では必要以上に緊張することになり、面接を苦手に感じてしまう人が多くいます。

しかし、この面接を「受けている」という受け身の姿勢から

「工場の人に時間をもらい、自分のことを誰にも邪魔されずにアピールできる時間」

と考えることで、面接のイメージが大きく変わらないでしょうか?

面接で全く緊張しないことは難しいですが、考え方1つで面接に臨む姿勢も大きく変えることができます。

まとめ

工場への転職を成功させる方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

工場の仕事は、ものづくりの楽しさを味わえるだけでなく、仕事の性質からコツコツと取り組むことができる仕事になっています。

工場の仕事へ転職したいと思う理由は人それぞれですが、工場への転職を通して、あなたが自分らしく働けるようになれることを願っています。

公式サイト:工場ワークスで求人を探す(無料)